同人サークル「山穣海久」「投擲クロワッサン」のサークル情報やらその他諸々。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年10月11日 (日) | 編集 |
ふたつめとか言っておきながらひとつめの告知を一切してなかったやつ

例によって前日に更新する体たらくですが、10月12日開催の京都秘封科学世紀のカフェテラスに参加いたします。今年は天狗じゃないよ。
新刊はこちら。
京都秘封表紙
「Southern Cross」
"いま"と"みらい"、東京サイドと京都サイドの秘封倶楽部の短編を1本ずつ書いてます。
A5サイズで20P、コピ本で100円の予定です。

東京サイドは菫子主人公の「零時交差点」
夢のように楽しい時間はあっという間で、愛おしいものなのに。現実とやらに必ず阻害される。
菫子が自意識を拗らせたおはなし。

pop.jpg
京都サイドは蓮子主人公の「彼岸隠れ家ミナミヅメ」
授業をサボる時専用の隠れ家にしている小さなカフェ。
四条大橋の踏切を越えた先、疎水と鴨川に挟まれた喫茶店は、いつも賑わっているけれど。
昔からそこにあったような安心感、異空間のように静かなその場所。

というような感じの2本です。
表紙・裏表紙は富士川大先生でございました。

CQ-EZOoUEAAl_cV.jpg
おしながきはこちら。

それでは翌日ですが、明日は封06 山穣海久で握手だ!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。