同人サークル「山穣海久」「投擲クロワッサン」のサークル情報やらその他諸々。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月11日 (金) | 編集 |
おはようございます。
そしてお久しぶりです。

というわけで例大祭告知。
I-10a「山穣海久なめにげ屋」ではなにするんだろう。

例大祭は無事に新刊出ます。
すいません無事じゃないです無茶苦茶なことになってます。

ちなみにこんな表紙。
yume.png


天狗島なのに早苗が表紙というアホな状態。
というのも昨年秋に出すつもりだった本を今更出してるからなんですけど!

守矢神社から見た妖怪の山の地理と、ゴタゴタについてを。
今まで空気だった諏訪子がやけに登場するような気がする。多分。

ちなみにC79にて出した「終焉は天滝の上で」の前話になります。

A5サイズ、52Pの500円。
「風の戸湖の瀬」と同じ判型価格ですっ
既刊は御射宮司祭で出した「山穣詼宮」・C79で出した「終焉は天滝の上で。(Preview)」を少しばかし持ち込むつもりです。

サンプルは少々お待ちを……

ではでは、I-10a 山穣海久なめにげ屋にてお会いしましょう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。